散骨を希望する人が増えている

人はいつか命を全うしてしまいます。


自分が亡くなってからのお墓の問題というのは、現代では社会問題になりつつあります。昔は大家族で暮らしている人も多かったので、お墓も先祖代々の墓にはいるのが普通でしたし、お墓を受けつくものが当たり前にいましたがいまは、そういう時代ではありません。


核家族化していますし、少子化ということでお墓を継ぐ人もいないというのも、増えています。そのため自分がなくなったときに入るお墓がないとか、お墓を守ってくれる人がいないという人も増えているのです。


そういう人に人気になっているのが、散骨という方法です。



散骨というのは、海や山などに自分の遺骨をまいてもらうということです。山や海が好きという人には、自分の好きな場所に骨をまいてほしいという希望もわかります。

ただそれは自分の希望の場所がすべてかなうというわけではありません。



法律によって、認められた業者できめられた場所にかぎって散骨が認められているのです。


昔は趣味がサーフィンとか登山だという人が海や山に散骨をしていたのですが、いまは家族の事情があって、そのような方法を取る人が増えているのです。
ただ自分で勝手にきめても、それを生前に依頼していなくてはできません。家族や業者ときちんと契約を結んでおく必要があるのです。
お墓をどうするのかというのは、亡くなってからではどうにもならないので、生前から家族できちんと話し合っておく必要があります。