散骨のメリットについて

散骨とは遺体を火葬した後に焼骨を粉末状にして、海や山などに撒く方法で、最近ではこれを利用する人が増えてきています。



この方法の大きなメリットは遺族に負担をかけたり、墓の跡取りのことを考える必要がないので、安心して業者に依頼できるということです。



また、遺骨を埋葬する場合は墓所として認可された場所の中でなければなりませんが、海洋散骨の場合ならば、いくつかの条件を満たしていれば、より自由に散骨の場を選ぶことができます。


さらに、この場合も火葬証明書などの書類が必要になってきますが、散骨の専門業者に相談すればスムーズに用意することが可能です。

そしてこの種の葬送方法の場合は、遺族が粉末状の遺骨を撒くのが一般的ですが、業者に代行を依頼することが可能なので、遺族が舟が苦手であっても行うことは可能です。

また、この形で故人を送った後、粉末状の遺骨を撒いた海で故人を偲ぶクルーズを行う業者もあるので、その点についても調べておくと良いでしょう。



このように散骨は利点の多い葬送方法ですが、海で行う場合には、海に出る日の天候に注意しなけらばならないことや、普通の葬送の場合と違って故人が好んだものなどの副葬品を持ち込めない場合があるので、その点についてもよく確認しておくことをお勧めします。この形の葬送方法は自然に戻るという自然葬の本質に非常に適しているので、これからも利用者が増える可能性は大きいでしょう。


この方法に魅力を感じた場合は、いくつかの注意点に気をつけながら、信頼できる専門業者を選んでよく相談した上で依頼することをお勧めします。